ナノSiO2からナノSiへ

★ SiO2→Si ★

 酸化シリコンSiO2は非常に安定な物質です。 酸化シリコンからシリコンを合成する代表的な方法は、炭素による還元反応で、工業的に確立されています。 ただし、大電力を要する高温アーク炉が用いられることから、実験室レベルでの試験は簡単ではありません。

 ラボレベルで、酸化シリコンからシリコンを生成する方法の一つに、金属還元法があります。 たとえばアルミニウム、マグネシウムなどの金属との反応をさせ、低温域で還元させる方法です。 合成量は少ないですが、反応温度が800℃以下と低く、新しいシリコン材料の開発に適しています。

 そこで当社は、金属還元法をさらに改善・改良し、独自の装置と方法を開発しました。 その応用の一つとして、ナノポーラス構造を有するポーラスシリカを作製し、それをさらに還元して、 ナノポーラス構造を有するポーラスシリコンの作製が可能になることを確認しました。

 市販の、もしくはお手持ちの酸化シリコンから、その形状を引き継いだシリコンを生成したい場合は、お気軽にご相談ください。
 また、弊社ポーラスシリコンにご興味がありましたら、お問い合わせください。

SiO2→Si
ポーラスSiのSEM画像